愛媛県松山市の質屋|池田質舗

ブランド品や金プラチナの高価買取愛媛県地域No.1質屋を目指します!

コラム

池田質舗によるコラムです。日常の他愛もない話から、詐欺への注意喚起の真面目な話まで様々なお題でコラムを書いています。

お時間のある方は、読んでみて下さい。
今度はWTO提訴で報復 2018-07-19

気象庁が「命にかかわる危険な暑さ。できる限りの対策を講じてほしい」と猛暑への注意を呼びかけたそうですが、年々、夏の暑さに対する表現が厳しくなってきているように感じます。
まだ7月ですが、既に40度を超える観測が出始めている模様。
熱中症には十分気をつけたいと思います。

さて今日は「今度はWTO提訴で報復」というお題です。
アメリカの関税が不当だと中国がWTOに提訴したようですが、これまでWTOの勧告を無視していた中国が何を今更…なんてコラムを書こうと思っていた矢先、今度は、アメリカが中国をWTOへ提訴したようです。

ここまで来ると今回の貿易戦争、本格的な報復合戦へと進んでいるように思えますが、なぜがマーケットは平常通り、むしろ、上昇してくる気配さえ感じます。

例えば、このコラムを執筆している当日のマーケットを見てみますと…

2018年7月19日
為替 1ドル=113円
日経平均株価 22,764円
ダウ平均株価 25,199ドル

為替はやや円安に振れていて、株価は横ばい、アメリカの株価は少し上昇、このような状況でマーケットが動いています。

いやはや何とも不思議です。

為替の事はちょっと置いておいて、貿易戦争の様相を呈している今の状況であれば、本来、株価は下落してもおかしくないと思います。

それがそうはならない。
なぜか投資家達は平常通り。

例えば、6月の20日頃に「米中貿易摩擦が独自動車大手を直撃」なんていう見出しで記事が出ていまして、この記事によると「独自動車大手ダイムラーは20日、2018年の業績見通しを下方修正し…」と書かれている訳です。
個人的には「判断がちょっと早すぎるのではないかな…」と感じましたが、ベンツとしては、自社の業績が貿易戦争により悪化すると踏んでいるのです。

しかし、マーケットが混乱しない。
むしろ、上げ基調。

投資家達が身を守る行動に出ない訳です。
こうなると、当然金価格はこうなります。

2018.7.17 金買取価格
純金 インゴット
¥4,700-
前日比-40円


2018.7.18 金買取価格
純金 インゴット
¥4,680-
前日比-20円


2018.7.19 金買取価格
純金 インゴット
¥4,670-
前日比-10円


このように金は当然下がる傾向を見せます。
一旦は4700円台まで回復していた金価格が、また下がり始めているのです。

これはなぜでしょうか。
貿易戦争は熱を帯び始めているのにマーケットはそれを冷ややかな目で見ている、そんな状況だと感じます。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

円安株高 2018-07-13

宇和島の牛鬼祭りが中止になったようですね。
今回の大雨による災害が、いかに大きいものだったのかが改めて分かります。
復旧作業にはまだ時間がかかりそうですが、一日でも早く平常通りの生活に戻れる事を願ってやみません。

さて今日は「円安株高」というお題です。
ここの所、貿易戦争についてコラムを書いていますが、ここに来て円安株高という動きが見えてきました。

2018年07月06日終値110.46円
2018年07月08日終値110.44円
2018年07月09日終値110.85円
2018年07月10日終値110.85円
2018年07月11日終値111.98円
2018年07月12日終値112.66円
2018年07月13日終値112.60円

7月6日以降の為替の値動きですが、1ドル=110円で推移していたのがここに来て112円へと円安に動いています。 これまでであれば、何か経済的(あるいは地政学的)な危機が起きると円高へと振れていたのですが、今回の貿易戦争では円安へと振れています。

これまつまり、貿易戦争=アメリカが有利>>>ドル高へ>>>円安に、こういった背景があっての事だと思いますが、日本にとってはタナボタ?的な結果になるのでしょうか。

また、円安に振れていることから、株価が上がってきています。

2018年07月06日終値21788円
2018年07月09日終値22052円
2018年07月10日終値22196円
2018年07月11日終値21932円
2018年07月12日終値22187円

7月に入ってから株価は4日連続で下げていたのですが、6日以降、上がり調子となっています。

では、金価格はと言いますと…

2018.7.10 金買取価格
純金 インゴット
¥4,710-
前日比+30円

2018.7.11 金買取価格
純金 インゴット
¥4,690-
前日比-20円

2018.7.12 金買取価格
純金 インゴット
¥4,700-
前日比+10円

2018.7.13 金買取価格
純金 インゴット
¥4,740-
前日比+40円

このようにジリジリと上がってきています。
これは円安による影響だと思いますが、続落が続いていただけに明るい要因ではないでしょうか。

7月も後半に入りますが、このまま円安・株高・金価格上昇、といって欲しいところです。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

報復関税後の値動き 2018-07-11

先日の大雨によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、一日でも早い復興を心よりお祈りいたします。

四国地方は梅雨が明けました。
しかし、梅雨が明けてもこんなに心が晴れない梅雨明けは初めてです。
夏の日差しに負けてしまいそうな心境ですが、皆様、奮起して日々過ごしましょう。

さて今日は「報復関税後の値動き」というお題です。
7月6日より米中、さらにEUを巻き込んだ貿易戦争が始まりましたが、報復関税後の値動きを見てみましょう。


2018.7.6 金買取価格
純金 インゴット
¥4,690-
前日比±0円


2018.7.7 金買取価格
純金 インゴット
¥4,680-
前日比-10円


2018.7.9 金買取価格
純金 インゴット
¥4,680-
前日比±0円


2018.7.10 金買取価格
純金 インゴット
¥4,710-
前日比+30円


2018.7.11 金買取価格
純金 インゴット
¥4,690-
前日比-20円


7月6日当日の前日比プラスマイナスゼロというのが本当によく物語っていると思いますが、マーケットは完全に様子見の状態だったと思います。

その後、7日、9日、10日と日が経つにつれ、貿易戦争が徐々に落ち着きを取り戻してきたと思っていた矢先、今度はアメリカが「中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2000億円)相当を対象とする新たな関税リストを発表」しました。

前回は輸入品500億ドル相当という額でしたので、今回の2000億ドルがいかに大きな報復措置なのかが分かります。
中国は「制裁措置には必ず報復する方針」を表明していますが、今回の2000億ドルへの報復をどのように対応するのか中国の動向が気になりますね。

ただ、今回のアメリカによる報復措置を受けて日本の株価は下落しましたが、アメリカの株価は下がっていません。むしろ、上がっているのです。

このコラムでは一貫して「貿易戦争はアメリカの勝ち」という予想をしていますが、やはりこの予想で良いと思われます。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

運命の7月6日 2018-07-5

梅雨らしい天気が続くようになりました。
局地的な大雨の予報も出ているようで、十分に注意して行動したいと思います。

さて今日は「運命の7月6日」というお題です。
このコラムでも触れてきましたが、いよいよ貿易戦争が始まります。
報復関税が7月6日より発動される予定ですので、この6日以降、米中による経済的な争いが始まるということになります。

現在、ニュースなどでは色々な予想が出てきており「アメリカが有利」「小さい方が勝利」「全員が敗者」など、まぁ様々な意見が出てきています。

このコラムでは、貿易戦争「アメリカが勝つ」という主張を一貫して言っていますが、ここではちょっと置いておいて、金価格の変動を見てみましょう。



2018.7.3 金買取価格
純金 インゴット
¥4,650-



2018.7.4 金買取価格
純金 インゴット
¥4,680-


2018.7.5 金買取価格
純金 インゴット
¥4,690-


このように、続落が続いていた金価格ですが下げ止まっています。
このまま足踏みするのかさらに下落するのか判断しかねますが、やはり7月6日を前にして様子を見ている状態ということなのでしょう。

時差の関係でアメリカの関税措置実施よりも中国の報復関税の措置が早く実施されてしまうようです。

中国は「中国時間での0時から実施する」という主張をしていましたが、「報復関税をアメリカより先に実施することはない」という報道が一瞬チラッと出ていました。
これを「アメリカの関税措置が始まる前では報復とは言えない」という理論的な考えによる判断なのか、それとも「徹底抗戦するつもりはありませんよ」というアメリカへのメッセージなのか、どういった理由で「報復関税をアメリカより先に実施することはない」という報道がなされたのかが気になります。

いずれにせよ、7月6日以降の米中の動き次第でマーケットは動きます。
特に、中国の動向に注目したいと思います。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

さらに金続落… 2018-07-3

いやぁサッカーは残念でした。
2-0でリードしていた時には「もしかしたら…」と思ったのですが、やはり相手が強かった!
んー、それにしても残念でした…

さて今日は「さらに金続落…」というお題でして、こちらも残念は話です。
前回のコラムで金価格の下落について書きましたが、あれからさらに下落が続いています。

まずは、金価格の値動きを見てみましょう。


2018.6.27 金買取価格
純金 インゴット
¥4,670-

2018.6.28 金買取価格
純金 インゴット
¥4,660-

2018.6.29 金買取価格
純金 インゴット
¥4,650-

2018.6.30 金買取価格
純金 インゴット
¥4,660-

2018.7.2 金買取価格
純金 インゴット
¥4,680-

2018.7.3 金買取価格
純金 インゴット
¥4,650-


前回のコラムでも書きましたが、今回の金下落、米中による貿易戦争が原因だという見立てが正しいでしょう。
また、米中にヨーロッパが加わり、貿易戦争が収束する気配が今の所ありません。

為替や株価などのマーケットに関するお話は置いておいて、金の需要というものを考えてみた場合、これは世界的な意味ではインドと中国が金需要の大変高い国だと言えます。
したがって、中国とインドは、金需要を支えている中心的な国であるということになります。
つまり、金価格を中国とインドが買い支えているとも言える訳です。

もし仮に、米中貿易戦争によって中国の購買力が低下してしまった場合、これは金価格下落の要因となりかねません。

私の予想では、今回の貿易戦争、以前から言っている通りアメリカの勝ちで終わると今でも思っています。
いずれどこかのタイミングで中国が折れる形で決着がつくでしょう。ハーレーダビッドソンの動きに他のアメリカ企業が追従するとは思っていません。

ですので、いずれどこかのタイミングで中国が譲歩すると予想していますので、この時が金価格の値動きが変わるタイミングだと思います。

自由貿易で稼いだマネーを使って共産主義を発展させる、ここに大きな矛盾を中国は抱えていると思っています。
この矛盾を解消しない限り、貿易戦争で中国が勝つことは難しいと私は睨んでいます。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

次へ


上へ

<< トップページに戻る

パソコン | スマートフォン