愛媛県松山市の質屋|池田質舗

ブランド品や金プラチナの高価買取愛媛県地域No.1質屋を目指します!

コラム

池田質舗によるコラムです。日常の他愛もない話から、詐欺への注意喚起の真面目な話まで様々なお題でコラムを書いています。

お時間のある方は、読んでみて下さい。
金買取価格の行方 2019年2月22日

取引先の人に花粉症の方がいるのですが、今年はもう既に花粉が飛び始めたようです。
例年に比べ相当早いのではないでしょうか。
今年の春は長いのかもしれませんね。

さて今日は「金買取価格の行方」というお題です。

前回、
“一旦、5,000円/g付近で動きが停滞するのではないかと思います。” と書きましたが、あれからどのように金買取価格が推移したのでしょうか。

まずはご覧下さい。

2019.2.20 金買取価格
純金 インゴット
¥4,980-
前日比+60円


2019.2.21 金買取価格
純金 インゴット
¥4,980-
前日比±0円


2019.2.22 金買取価格
純金 インゴット
¥4,920-
前日比-60円


このように推移しました。
やはり5,000円/gあたりに「見えない壁」が存在しており、この壁を突破して上昇し続けるということは難しそうです。

前回のコラムでも書きましたが、
“やはりここまで金買取価格が高騰しますと、一旦、ゴールドをマネーに換えるという動きが活発化すると思いますので…”
4,980円/gまで上がると、一旦、金が売られ前日比-60円というような動きとなりますね。

では、ここから金買取価格がどう推移するのか。

ちょっと話を変えてみますが、このような記事が出始めています。

・豪州で「住宅バブル」崩壊、好調経済に暗雲
https://jp.reuters.com/article/australia-property-investors-analysis-idJPKCN1QB0AS

・米企業利益が「リセッション」入りの恐れ
https://jp.reuters.com/article/us-corporate-recession-idJPKCN1Q80F4

どうやら、世界的に景気が減速し始めているのではないかと感じています。
さらに、このような情報も出てくるようになっています。

・FRB注目の利回り指標、利下げを示唆-2008年以来初めて
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-02/PKPLUSSYF01T01


これらを見ていますと、金買取価格にとっては「上昇要因」となりますね。

加えて、イギリスのブレグジット、さらには、米中貿易戦争による中国への関税、こういった事も大きく影響を及ぼしそうです。

・イギリスのブレグジット期限
2019年3月29日

・米中貿易協議期限
2019年3月1日

米中貿易協議は延長の可能性が示唆されていますので期限がもっと伸びるかもしれませんが、今現在ではこのようなスケジュールとなっています。 となると、注目すべきポイントは「2月末まで」と「3月末まで」という動きに注目したいと思います。

2月末まで、金買取価格は高値維持で推移するのではないかと思います。
3月末までの動きは「3月に入ってから」という事にしたいと思います。


それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

金買取価格高騰 2019年2月20日

早くも営業を終了するスキー場が出てきたそうです。
今年は暖冬だったという事でしょう。
という事は、今年の夏、冷夏となるのでしょうか。

さて今日は「金買取価格高騰」というお題です。

前回のコラムで、
“「一旦、様子見」という展開ではないか”
と書きましたが、様子見の展開ではなく、金買取価格が高騰するという展開となりました。

まずは、金買取価格の値動きを。

2019.2.16 金買取価格
純金 インゴット
¥4,890-
前日比+20円


2019.2.18 金買取価格
純金 インゴット
¥4,900-
前日比+10円


2019.2.19 金買取価格
純金 インゴット
¥4,920-
前日比+20円


2019.2.20 金買取価格
純金 インゴット
¥4,980-
前日比+60円

このような値動きとなっています。

では、なぜ前回のコラムで「一旦、様子見」ではないかと書いたかというと、イギリスのブレグジットの動きが固まるまで「一旦、様子見」ではないかという予想でした。
しかし、このように金買取価格が高騰しているという事は、いわゆる「合意なき離脱」という展開になる事がほぼ間違いないという事なのでしょう。

それでは、これからの金買取価格の値動きはどうなるかと言いますと、金買取価格が5,000円/gを超えても値上がりし続けるという事は、過去に例がありません。
このコラムで何度も書いています「見えない天井」が5,000円/g付近にあるのです。

ですので、これまでの経験則に従って考えれば、5,000円/gを目安にこれ以上の高騰はないと思います。

しかし、現在のようにフランスが国家非常事態宣言を行い、さらにアメリカが国家非常事態宣言を行い、もしかすると、イギリスのブレグジット後には、イギリスも国家非常事態宣言や戒厳令のような何かを発令するかもしれません。

このような状況下ですので、これまでの経験則が通用するのかどうかやや疑問を感じます。

しかしながら、やや疑問を感じるものの、やはりここまで金買取価格が高騰しますと、一旦、ゴールドをマネーに換えるという動きが活発化すると思いますので、一旦、5,000円/g付近で動きが停滞するのではないかと思います。

さてどうなるのでしょうか。
一旦、様子見という予想が外れてしまい、ちょっと弱気な今日この頃です。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

さてここからどう動くのでしょうか 2019年2月15日

今年は、雨が多い冬なのでしょうか。
例年に比べ、乾燥注意報などあまり聞かないように思います。
今年も異常気象の一年となるのでしょうか。

さて今日は「さてここからどう動くのでしょうか」というお題です。

前回のコラムで、

“金買取価格は「一旦、様子見」という展開になるのではないでしょうか。”

と書きましたが、やはり様子見の展開となりました。


2019.2.14 金買取価格
純金 インゴット
¥4,870-
前日比+10円


2019.2.15 金買取価格
純金 インゴット
¥4,870-
前日比±0円


では、ここからどう動くか、ですね。

トランプ大統領は、アメリカ与野党で合意した予算案に署名はするようですが、国境の壁建設に足りない費用を捻出するために、国家非常事態宣言を出すようです。

こうなりますと、事態は全く解決されておらず、ただアメリカ政府機関の一部閉鎖が回避されただけという結果になります。
また、トランプ大統領が出す国家非常事態宣言に下院議会が異議申し立てを行う見通しですので、政治的な混乱が収まる気配がありません。

ですので、前回と同じですが、金買取価格は「一旦、様子見」という展開ではないかと思います。

また、もし仮に今よりもさらに金買取価格が上がりますと、4,900円台に突入することになります。
4,900円台に入りますと、これはニュースなどで「金価格高騰」と報道される水準に達します。



金買取価格は、毎日更新していますので注意して見ていてください。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

いよいよ2月15日 2019年2月14日

気がつけば、もう2月半ば。
寒い冬もあと少し。
今年は春が早く来るのではないかと今から心待ちにしています。

さて今日は「いよいよ2月15日」というお題です。
アメリカ政府機関閉鎖によるつなぎ予算の期限が2月15日までとなっています。

一部報道によりますと、
・トランプ大統領は13日、再度の政府閉鎖の可能性を改めて否定
・トランプ大統領が予算案に署名する見通し
・アメリカ議会の与野党が大筋合意した壁の建設費はおよそ1,500億円
・トランプ大統領が求めるおよそ6,300億円を大幅に足りない
・国境の壁を建設するための資金確保に向け、国家緊急事態宣言を含むあらゆる選択肢を検討
このような情報が流れています。

これらの情報を勘案しますと、非常に微妙な情勢だと思います。

昨年年末から1ヶ月におよぶアメリカ政府機関閉鎖は、かなり深刻な影響が出ていたようです。
真偽定かではありませんが、インターネットの情報によりますと、アメリカ政府機関再開後、職務に戻るように連絡を職員達に行ったそうですが、アメリカ歳入庁の職員9000人と連絡がつかないという事態に陥っていたそうです。

ちょっと日本では想像が出来ないような事態となっていたようです。

ですので、ここまで大きな影響を出しておきながら、中途半端な妥協案にトランプ大統領が署名を行うのかどうか疑問です。
先の情報にも書いていますが、予算案に署名はするものの国家緊急事態宣言を行う可能性も非常に高いのではないかと思います。

そして、この国家緊急事態宣言が行われた場合、何がどう起きるのか不明です。
表向きは、国境の壁を建設するための予算を獲得するために国家緊急事態宣言を行うという事ですが、実際は、国家緊急事態宣言が行われた際に運用される特別法の中身がどうなっているのかが重要だと思います。

日本にいるので、この国家緊急事態宣言が行われた際に運用される特別法が一体どのようなものなのかが見えてきません。
ですので、アメリカで国家緊急事態宣言が行われた場合、アメリカ政治由来のリスクは高まるものと考えられます。

では、金買取価格を見てみましょう。


2019.2.12 金買取価格
純金 インゴット
¥4,850-
前日比+20円


2019.2.13 金買取価格
純金 インゴット
¥4,860-
前日比+10円


2019.2.14 金買取価格
純金 インゴット
¥4,870-
前日比+10円


このコラムでも書いていましたが、2月14日までは「金価格上昇」または「高値維持」で推移してきました。
では、2月15日からの値動きですが、トランプ大統領が予算案に署名するかどうか、また、予算案の内容がどうなのか、こういった事に左右されると思います。
2月14日になってもまだ確定的な情報が流れてきませんので、ギリギリまで予算案の調整が難航すると思われます。

という事で、金買取価格は「一旦、様子見」という展開になるのではないでしょうか。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

もしも中止になるとしたら… 2019年2月12日

インフルエンザがピークを過ぎたというようなニュースが流れました。
安心は出来ませんが、今年はインフルエンザの流行終了が早そうです。
久々に良いニュースが聞けてちょっとホッとしています。

さて今日は「もしも中止になるとしたら…」というお題です。
世界的な景気減退がささやかれ始めています。
そこで、もしも消費税増税が中止になるとしたら、一体、いつが期限になるのでしょうか。

一番綺麗に収まるのは、この4月に間に合うように中止されるのが良いのでしょうけれども、今、すでに2月ですので、あまり時間が残されていません。

今年7月に参議院選挙が控えていますので、この選挙に合わせて消費税中止を発表するとしたら、7月4日の参議院選挙の公示日までに発表するのが良いのでしょうけれども、どうでしょうか。

では、この7月のタイミングを過ぎてしまいますと、もう8月はお盆休みに入りますし10月に消費税を上げる予定ですので、消費税増税中止は難しいでしょう。

となると、もし消費税増税を中止するとなると、7月までに中止発表を行うのが妥当ではないでしょうか。
ただし、衆参同時選挙も囁かれていますので、こうなってきますと選挙結果次第で消費税増税に影響が出てくるかもしれません。

また、東京オリンピックについても中止や返上といった事が囁かれるようになってきました。
どこからどう出てきた話なのか謎ですが、東京オリンピックが中止になった場合、ロンドンで開催されるというような情報が出てきています。

では、もし、東京オリンピックが中止されるとしたら。一体、いつが期限になるのでしょうか。
過去に中止されたオリンピックを調べてみても、どのタイミングで中止が発表されたのか分かりません。

ですので、過去の事例が参考に出来ませんが、今回の東京オリンピック中止の話は、JOC(日本オリンピック委員会)の竹田会長がフランス検察当局に贈収賄で捜査されていることから出てきました。
という事は、やはりフランス検察の捜査が東京オリンピック中止に大きく関係してくると思います。

消費税増税の中止や東京オリンピックの中止は、マーケットに大きな影響を及ぼす可能性があります。
これらに関連するニュースには、十分に注意しておきましょう。

最後に、金買取価格を。


2019.2.8 金買取価格
純金 インゴット
¥4,830-
前日比±0円


2019.2.12 金買取価格
純金 インゴット
¥4,850-
前日比+20円


連休明けは、+20円で始まっています。
2月15日までアメリカ政府機関一部閉鎖のつなぎ予算が可決されている訳ですが、一説には「もうアメリカ政府機関の閉鎖はしない」とも「もう一度、アメリカ政府機関は閉鎖され非常事態宣言が出る」と言われています。
ですので、2月14日までは「金価格上昇」または「高値維持」で推移すると予想されます。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

最近の買取傾向 2019年2月8日

北日本には寒波がやってきているようですが、西日本は相変わらずあまり寒くない日が続きます。
という事は、インフルエンザの流行は北日本では早く収束し、西日本では長く流行が続くかもしれません。
まだまだインフルエンザへの注意が続きますね。

さて今日は「最近の買取傾向」というお題です。
今年に入り、このお品物の買取が相次いでいます。



エルメス バーキン30 トリヨンクレマンス
買取年月日 : 平成31年1月5日
状態 : 中古
買取価格 : 800,000円



エルメス バーキン25 トゴ
買取年月日 : 平成31年1月10日
状態 : 中古
買取価格 : 700,000円



エルメス バーキン35 素材シェーブル
買取年月日 : 平成31年1月30日
型番 : F刻印
買取価格 : 650,000円



エルメス バーキン30 ヴォーエプソン
買取年月日 : 平成31年2月7日
状態 : 過去年製造未使用品
型番 : --
買取価格 : 750,000円

このコラムでもご紹介した事がありますが、エルメスのバーキンです。 年間を通じてみてみますとこちらのお品物の買取は定期的にあるのですが、今年に入ってから頻繁にエルメスのバーキンを買い取らせて頂いています。

なぜバーキンの買取が増えているのかな、と考えてみますが、特に理由が思いつきません。
ファッション的な理由ではなく、案外、地震対策の一環というような理由かもしれません。

大きな地震が来るかもしれないという報道が、先月、報道各社で行われました。
自宅にある高価な品物を一旦現金に換えておくというのも、立派な地震対策になるのかもしれませんね。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

次へ


上へ

<< トップページに戻る

パソコン | スマートフォン