愛媛県松山市の質屋|池田質舗

ブランド品や金プラチナの高価買取愛媛県地域No.1質屋を目指します!

コラム

池田質舗によるコラムです。日常の他愛もない話から、詐欺への注意喚起の真面目な話まで様々なお題でコラムを書いています。

お時間のある方は、読んでみて下さい。
ついにアメリカ利上げ 2015-12-17

前回に続き、アメリカ利上げのお題ですが、ついにアメリカの利上げが発表されました。

また、前回のコラムで「FOMCが終わり、利上げが確定すれば、悪い材料が出尽くす事でも金価格上げ…」なんて事を書きましたので、本当に金が上がってくれるか内心ドキドキしていたのですが、 17日買取価格は、

純金 インゴット
¥4,370-
前日比+50円

と前日比+50という結果となり、ホッとしました。

個人的には、アメリカの利上げで、長い不況という名のトンネルを抜けたと思っています。
出口が見えないと言われていた各国の金融政策ですが、アメリカがまず最初に出て行ったという事ではないでしょうか。
この後、ヨーロッパ諸国が出ていき、そして、それに日本が続く、といった流れだと思います。

ここしばらくは、マーケットが荒れるかもしれません。
2008年から続いた金融政策が方向転換される訳ですから、仕方がないと思います。

しかし、全体を通して考えると、すごく前向きな気持ちで2015年を終えられそうです。 2016年は、きっと良い年になると思います。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

FOMC(米連邦公開市場委員会) 2015-12-16

12月も半分まで終わってしまいました。
今年もあと2週間とちょっと。
皆様、どのような一年だったでしょうか。
振り返る間もない程、バタバタとしている今日この頃です。

さて、この話題がいよいよ本番を迎えました。
そうです、アメリカの利上げです。

このコラムでは、何度もこの話題に触れてきましたが、いよいよ今年最後となるFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催され、17日には、アメリカの金融政策が発表されます。

パリのテロなど経済に冷水を浴びせるような出来事がありましたが、大方の予想では、アメリカの利上げがなされるのではないか、という事です。

とは言え、本当に利上げするのかどうかまだ決まっていませんし、2008年から続いた金融緩和から方向転換する訳ですから、2016年からどのようなマーケットが形成されていくのか、見えない部分が多くあります。

ですので、マーケットには手控え感が漂い、株価など下落していますが、まぁこれは実体経済が悪くなった訳でも何でもないので、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了までのお話だと思います。

では、金の価格はと言いますと、ここの所、続落しています。

ただこの続落、FOMCでの利上げを意識しているのが原因と見られており、逆に、FOMCが終わり、利上げが確定すれば、悪い材料が出尽くす事でも金価格上げ、という見方が出てきています。

何はともあれ、このコラムで何度も触れてきたアメリカの利上げ、いよいよ結果が出ます。 さてさて、どうなるのでしょうか。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

次へ


上へ

<< トップページに戻る

パソコン | スマートフォン